窓辺の採光の調整にはカーテンを利用することが多いのですが、ロールスクリーンを活用することはカーテンとは違った使い勝手の良さを実感できます。開閉にスペースをとらず、フラットな形状なので閉めた状態でも圧迫感がなくすっきりとした窓辺を演出できるのがスクリーンの魅力です。しかし、ロールスクリーンの活用法は窓辺だけではありません。幅を自在に設定できることからカーテンを設置するのは難しいようなごく幅の狭いサイズの窓やスペースに利用するのも可能で、上部に全て巻き上げてしまえば使わないときにはとてもコンパクトに収納できて大変便利です。アイデアによって様々な利用法が見つかるのもスクリーンの特長で、生地の材質なども利用する場所にあわせて選ぶことで、その活用法はさらに広がります。

細長い窓や小窓などへの設置もお任せ

窓辺の調光のためにスクリーンを使用するにしても、大きな窓だけでなく日常的にはほとんど開閉しないような縦長のスリット窓などへもスクリーンなら自由に設置できます。複数並んだスリット窓にあえて色違いのスクリーンを取り付けてインテリアのアクセントにするといった使い方も出来ます。また、台所の小窓など、必要に応じて目隠しをしたいけれどカーテンはちょっと設置できないというときにもスクリーンタイプなら簡単に設置が出来ます。高いところで中々手が届かないところなら操作がしやすいようにチェーン式にしてみたり、極力コンパクトに場所をとらないようにしたいならプルコードタイプのものを選べば窓回りがすっきりと収まって使い勝手が良くなります。同じ窓でも設置場所や形状にあわせて自由に選べるのがスクリーンのメリットです。

大容量のオープンラックもあっという間にスクリーンですっきり

扉をつけないオープンタイプのラックをリビングなどの収納として活用すると、日常的に散らかりがちなものを片付けやすく取り出しやすいので大変便利で使いやすい収納になります。でも、リビングにお客様を招き入れるときにはいくら使いやすいとはいえオープンラックの収納が丸見えの状態だと生活感が丸出しでちょっと抵抗があります。そんなときに活用したいのがロールスクリーンです。オープンラックの上部に取り付けてもいいし天井から下げるようにするのも大きな面積を隠すことが出来るので、急な来客にもあわてずに済みます。部屋のインテリアのイメージを崩さないように統一感のある素材や色合いのものを選べば、見せたくない収納部分を一瞬で隠すことが出来て、部屋をスタイリッシュなイメージに変身させることも可能です。