窓にかけるカーテン、ロールスクリーンでお部屋のイメージが、がらっと変わります。窓の大きさにもよりますが、お部屋の中のあるていどの面積を占めるため、イメージを変える大きなポイントになります。模様替えをしなくても新鮮な気持ちになれるはずです。一般的にはカーテンとともに窓に使うものですが、お部屋のインテリアとしてロールスクリーンを使ってみてはいかがでしょう。最近はデザインも様々なものがありますので、気分や季節に合わせてカラーを変えたりデザインを変えたりして、掛け替えることでも楽しめます。素材も大きさも様々なのでオリジナリティーのあるお部屋のインテリアとして使ってみてはいかがでしょうか。間仕切り替わりに使うのも実用もかねてアクセントになります。

素材によってイメージが変わります

最近のロールスクリーンは素材がさまざまです。和紙のような質感のものはほのかにあかりを通すので、柔らかなイメージのお部屋づくりに役立ちます。仕切り替わりに使い照明の前に掛けることで間接照明を使ったかのような効果がでます。お部屋に雰囲気がでます。コーティングされた厚地の布素材はカジュアルでクリーンなイメージです。一人暮らしで狭い部屋の場合、台所が丸見えになってしまうのを隠すのに使うと便利です。隠してしまうと生活感がでにくくなるので、不意な来客対応にも役立ちます。面積も大きいので手軽に部屋のイメージを変えられます。コーティングされた素材はすぐに拭くと汚れも落ちやすいので清潔です。すだれのような素材のものはアジアンテイストのお部屋にぴったりです。ベッドまわりのパーティーションとしても便利です。

窓にも、小窓にも、間仕切りにも。

窓に使うのがもっとも一般的です。使うお部屋の用途によって選びます。例えば寝室は遮光タイプがおすすめです。リビングには2重になっているタイプが便利です。シースルーのタイプの生地と遮光タイプが一体になっていて、すべてを巻き上げると外がそのまま見え、遮光部分のみ巻き上げるとシースルーのスクリーンを通した柔らかな光が入ってきます。1階が居住空間の場合はシースルーにすることで光をとりこみつつプライバシーを守れます。夜はそのまますべてを下すと遮光できます。小窓にもプリントやビビッドなカラーをつかい、アクセントをつけるとインテリアとしておしゃれな空間になります。間仕切りはお部屋の家具にも負けないインパクトがあります。自分のお部屋のテイストにあわせた素材やカラー、機能を選んで、ピッタリなものを探しましょう。