お洒落なデザインの家にはお洒落なインテリアがつきものですが、特に窓に取り付けられているロールスクリーンは目を引きます。それぞれの家にあった色やデザインで窓などのアクセントになっており、お洒落感をアップさせてくれます。そんなカーテンの変わりになるスクリーンは見かけの良さだけでなく機能性豊かなものであり、生活する上でとても役に立ってくれます。昔ながらの古い和風タイプの家であってもそれに合わせて違和感無く取り付ける事が可能ですし、夏の暑さや冬の寒さに力を発揮してくれるので、どのようなタイプの家やマンションにアパートであっても対応出来ます。色やデザインに大きさなども様々なタイプが扱われているので、自分の好みのインテリアに合わせて取り付ける事が出来ます。

カーテンや障子よりも機能性豊かなスクリーン

一昔前の住宅インテリアで窓際に取り付ける物はカーテンや障子が主流でした。そして時代の変化と共に家のデザインに合わせてお洒落な雰囲気を演出するものとして、ブラインドやロールスクリーンが登場してきました。特にインテリアにこだわっている人にとっては遊び心のあるスクリーンはただの目隠しではなく家具と同様の扱いをします。シンプルなベーシックなタイプのものからカラフルな色味を持ったもの、そして洋風のお部屋だけでなく和風のお部屋に調和する木材を使用したすだれタイプのものまであります。窓に取り付けるだけではなくお部屋の間仕切りとして使用する事も可能ですし、浴室に使用する人も多いです。自宅で映画を楽しむ人がシアタールームを作った際には映写用としてのスクリーンが活躍してくれます。

季節を問わず快適な生活を手助けするアイテム

目隠しの役割だけでなく、家中のあらゆる所で存在感を示すこのロールスクリーンは遮光や調光に優れており、紫外線の強い春から夏にかけては特にその力を発揮します。外からの熱を遮り室内に入り込む熱量を下げる事でエアコンの効き目を効果的にします。秋から冬にかけては窓際の冷気を遮断、暖房機器により温まった部屋の温度を下げません。このように季節を問わず生活する上で役立ちます。またデザインはとても種類が多く、ベーシックなものから都会風や南国風などに加えてある程度の光を取り入れる透かしタイプに和風のすだれ状などです。既成だけでなくオーダータイプも人気があるので、好みに合わせてデザインも大きさも作る事が可能です。ただしこれらのスクリーンは日常使い続ける事で部分的に劣化してくるので、メンテナンスはしっかり行う事も大事です。